子育て情報発信します

育児ライフ365

子育てコラム

母親の大変さが身に染みた授乳期

投稿日:

私が育児で大変だと思った事は授乳期の赤ちゃんを育てる時です。

女性は出産した瞬間から親になります。
親になればもう後戻りできません。
育児がどんなに大変であろうとも、外で働いていた仕事のように辞めることは出来ません。

授乳期は世界中のお母さんが日々大変苦労している時期だと思います。

私はお乳の出が悪く、子供が産まれた当初もなかなか出ませんでした。
初乳は子供にとっても栄養が沢山入っているので飲ませてあげたいと思い、搾乳器や自分で絞ったりして少しずつ飲ませていましたが、それでも少なく、市販のミルクで補っていました。

しばらくしてから赤ちゃんの吸い付きも良くなり、普通に飲めるまでになりましたが、そうなると今度は卒乳が大変です。
赤ちゃんが大きくなるにつれ、そろそろ卒乳かなと考えた頃に、1度おっぱいをあげるのをやめてみましたが、やはり突然の事に子供も驚き、泣いていやだと言っていました。
お乳も飲まないとどんどん胸が張り、痛くなっていきます。
なんとか他の寝かしつけで赤ちゃんが寝てくれないかと色々試しましたが、いつもおっぱいを飲みながら寝ていた子供だったので、寝てくれませんでした。
こちらも寝不足になったりで疲労が溜まっていきました。

卒乳は見送りにして私も1度諦めました。
諦めてからきちんと卒乳できたのは1年後ぐらいでした。
その時子供はもう2歳半でした。

皆さん卒乳はいつ、どのようにしてできたのかなとふと思いました。
ネットで書かれている方法も試した事がありましたが、うまくいかず。
子供の性格も一人一人違うので、やはり個人差があるのか。

世のお母さんは本当に大変だと思いました。

初めて育児をしてみると、何もかもが初めてでわからない事だらけです。
不安と毎日の発見に感動させられたりする事もあります。

授乳期は母親は毎日寝不足ですが、そんな体験をしたからこそ、母の大変さも分かりました。

\ シェアしてください /

-子育てコラム

Copyright© 育児ライフ365 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.